各施術にお勧めする基本的商材

〔ベーシック1〕

前処理ベーシック1
ナノCMC(ナノサイズの脂質)・ケラキュートγ-EX3(カチオン性高分子ケラトース他)

前処理(パーマ・縮毛矯正・デジ・ヘアカラー・トリートメント)

ナノCMC(またはナノEL)を3倍~10倍に水希釈し、毛髪内部に脂質を補充します
   
ケラキュートγ-EX3、もしくはガンマの希釈液を重ね付けし、ドライヤーで適度に乾かします
   
ケラキュートγ-EX3、もしくはガンマの希釈液を重ね付けした後、加温放置すると効果が高まります
   
各施術に入ります

前処理の考え方については、末尾をご覧下さい

パーマ中間処理

還元処理が終わった毛髪に対し、あるいは中間水洗が終わった毛髪に対して、中間リンスの前に
   
ナノCMC(またはナノEL)、ケラキュートγ-EX3、もしくはガンマの希釈液を塗布します
  
パーマ効率アップが期待できます

縮毛矯正中間処理、デジタルパーマなどには、HOTシリーズをお勧めします。

〔ベーシック2〕
前処理ベーシック2
ナノCMC(ナノサイズの脂質)・ケラキュートγ-EX3(カチオン性高分子ケラトース他)・リピットC・アクアプロテクト

仕上げ時にポリイオンコンプレックス

各施術の終わった毛髪に対して、リピットCの20倍水希釈液とアクアプロテクトの20倍水希釈液を順番に重ね付けします
  
ドライヤー、アイロンなどで仕上げます
  
柔らかく感触の良い皮膜を形成し、ツヤ感が向上します

リピットC:リピットNA=4:1の割合で混合し、5%濃度(20倍希釈)で使用すると、疎水性が増し、やや硬質感のある仕上がりを呈します


(ナノEL=γ-エルカラクトン+その他の原料)

仕上げでは、アクアプロテクト、キトプラス、キトプラスPX(カチオン化キトサン)、リピットC、リピットNA等を使用します。

仕上げに付いてはこちらをご覧下さい。

株式会社インサイト-webストア
タグクラウド